吉備品遅部雄鯽(読み)きびのほんちべの おふな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉備品遅部雄鯽 きびのほんちべの-おふな

「日本書紀」にみえる豪族
仁徳(にんとく)天皇の舎人(とねり)か。仁徳天皇40年天皇がの候補とした雌鳥(めとりの)皇女が隼別(はやぶさわけの)皇子と逃亡したとき,佐伯阿俄能胡(あがのこ)とともにふたりを追い,伊勢(いせ)で殺したという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android