コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大兄 オオエ

デジタル大辞泉の解説

おお‐え〔おほ‐〕【大兄】

兄弟のうち、年長の者。
皇子につける尊称。特に、律令制以前、6、7世紀ごろの皇位継承資格者の称といわれる。
[補説]日本書紀古訓に、「大兄」を「おひね」とよんだ例がある。

たい‐けい【大兄】

兄を敬った言い方。
男性が、自分より少し年上、または同輩の男性を敬っていう語。主に手紙に用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおえ【大兄】

6~7世紀のころ,皇位継承の資格をもつ皇子に対して与えられた称号または呼び名。継体天皇の子勾大兄(まがりのおおえ)皇子,欽明天皇の子大兄皇子,舒明天皇の子中大兄皇子は,いずれも即位して安閑,用明,天智の諸天皇となった。このように多くは天皇(大王)の子であるが,聖徳太子の子が山背大兄王と呼ばれた例もある。実例ではいずれも長子であるが,后妃が2人以上ある場合,后妃それぞれの長子が大兄となりえたため,欽明には大兄皇子のほかに箭田珠勝(やだのたまかつ)大兄皇子,舒明には中大兄皇子のほかに古人大兄皇子があったように,1人の天皇に2人以上の大兄の存在が可能である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おおえ【大兄】

長兄。おおあに。おいね。
皇子みこ。特に、大化前代、「太子」に相当する人物の称。おいね。

たいけい【大兄】

( 名 )
兄を敬っていう語。
( 代 )
二人称。年上または同輩の男性に対して、男性が用いる。主に手紙文で用いる。 「 -の御高見を承りたく」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大兄の関連キーワード山背大兄王(やましろおおえのおう)南淵請安・南渕請安蘇我倉山田石川麻呂あかねさす紫の花葛城稚犬養網田蘇我法提郎媛八口采女鮪女海犬養勝麻呂阿倍倉梯麻呂蘇我田口川堀彦人大兄皇子蘇我遠智娘葦の原幻想巨勢徳陀古近江大津宮飛鳥昔語り佐伯子麻呂小墾田皇女天智天皇藤原鎌足

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大兄の関連情報