大兄(読み)たいけい

精選版 日本国語大辞典「大兄」の解説

たい‐けい【大兄】

〘名〙
を敬っていう語。また、自分よりやや年長、または同輩の男性を敬っていう語。
※古事談(1212‐15頃)一「先是有童謡云。大枝を超て奔超て騰躍起て、我が護る田にて捜あさる。〈略〉大枝謂大兄也」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「一寸参堂仕り度候へども大兄の消極主義に反して」 〔呉志注‐呂蒙伝〕
② 朝鮮、高句麗の官位
書紀(720)天武二年八月(北野本南北朝期訓)「高麗上部位頭(しゃうほうゐとう)大兄(タイクイ)邯子・前部大兄(タイクイ)碩干等を遣して朝貢る」

おお‐ひん おほ‥【大兄】

〘名〙 (「ひん」は「兄」の唐音、「こうほうひん(孔方兄)」の略)
① たくさんの金。大金。
② 金をたくさん持っている人。大金持。
浄瑠璃・極彩色娘扇(1760)六「大ひんならよけれ共茄子(なすび)ぢゃによって、つひ素戻り」

おいね おひね【大兄】

〘名〙 (「おおいね」の略) 皇子(みこ)おおえ。普通、人名に付けて用いられる。
※書紀(720)皇極二年一一月(図書寮本訓)「山背大兄(オヒネ)、仍りて馬の骨を取りて、内寝(よとの)に投(な)げ置く」

おお‐え おほ‥【大兄】

〘名〙 同母兄弟中の長子。長兄。おいね。おおあに。
※書紀(720)皇極二年一〇月(図書寮本訓)「古人大兄(オホエ)を立てて天皇と為」

おお‐あに おほ‥【大兄】

〘名〙 最年長の兄。長兄。伯兄。〔改正増補和英語林集成(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「大兄」の解説

おお‐え〔おほ‐〕【大兄】

兄弟のうち、年長の
皇子につける尊称。特に、律令制以前、6、7世紀ごろの皇位継承資格者の称といわれる。
[補説]日本書紀古訓に、「大兄」を「おひね」とよんだがある。

たい‐けい【大兄】

兄を敬った言い方。
男性が、自分より少し年上、または同輩の男性を敬っていう語。主に手紙に用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「大兄」の解説

おおえ【大兄】

6~7世紀のころ,皇位継承の資格をもつ皇子に対して与えられた称号または呼び名。継体天皇の子勾大兄(まがりのおおえ)皇子,欽明天皇の子大兄皇子,舒明天皇の子中大兄皇子は,いずれも即位して安閑,用明,天智の諸天皇となった。このように多くは天皇(大王)の子であるが,聖徳太子の子が山背大兄王と呼ばれた例もある。実例ではいずれも長子であるが,后妃が2人以上ある場合,后妃それぞれの長子が大兄となりえたため,欽明には大兄皇子のほかに箭田珠勝(やだのたまかつ)大兄皇子,舒明には中大兄皇子のほかに古人大兄皇子があったように,1人の天皇に2人以上の大兄の存在が可能である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android