コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大兄 オオエ

5件 の用語解説(大兄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おお‐え〔おほ‐〕【大兄】

兄弟のうち、年長の者。
皇子につける尊称。特に、律令制以前、6、7世紀ごろの皇位継承資格者の称といわれる。
[補説]日本書紀の古訓に、「大兄」を「おひね」とよんだ例がある。

たい‐けい【大兄】

兄を敬った言い方。
男性が、自分より少し年上、または同輩の男性を敬っていう語。主に手紙に用いる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおえ【大兄】

6~7世紀のころ,皇位継承の資格をもつ皇子に対して与えられた称号または呼び名。継体天皇の子勾大兄(まがりのおおえ)皇子,欽明天皇の子大兄皇子,舒明天皇の子中大兄皇子は,いずれも即位して安閑,用明,天智の諸天皇となった。このように多くは天皇(大王)の子であるが,聖徳太子の子が山背大兄王と呼ばれた例もある。実例ではいずれも長子であるが,后妃が2人以上ある場合,后妃それぞれの長子が大兄となりえたため,欽明には大兄皇子のほかに箭田珠勝(やだのたまかつ)大兄皇子,舒明には中大兄皇子のほかに古人大兄皇子があったように,1人の天皇に2人以上の大兄の存在が可能である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おおえ【大兄】

長兄。おおあに。おいね。
皇子みこ。特に、大化前代、「太子」に相当する人物の称。おいね。

たいけい【大兄】

( 名 )
兄を敬っていう語。
( 代 )
二人称。年上または同輩の男性に対して、男性が用いる。主に手紙文で用いる。 「 -の御高見を承りたく」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大兄の関連情報