コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉原はやり小哥そうまくり よしわらはやりこうたそうまくり

1件 の用語解説(吉原はやり小哥そうまくりの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

よしわらはやりこうたそうまくり【吉原はやり小哥そうまくり】

江戸時代の歌謡集。寛文(1661‐73)ころ,江戸吉原の遊里で流行した歌謡を集めたもの。現在原本は伝わらず,刊年,版元,編者等も不明であるが,伝本の〈寛政版〉には,寛文2年(1662)中嶋屋伊左衛門刊とある。また,柳亭種彦の《吉原書籍(しよじやく)目録》は,延宝・天和年間(1673‐84)ころの刊とする。伝本には〈寛政5年(1793)版〉〈文政2年(1819)版〉〈鹿の子版(刊年不明)〉の3系統がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

吉原はやり小哥そうまくりの関連キーワード順治帝徳川綱重徳川頼房煮売屋順治帝寛文嵐三右衛門寛文模様藩札文字の獄

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone