コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉原はやり小哥そうまくり よしわらはやりこうたそうまくり

世界大百科事典 第2版の解説

よしわらはやりこうたそうまくり【吉原はやり小哥そうまくり】

江戸時代の歌謡集。寛文(1661‐73)ころ,江戸吉原の遊里で流行した歌謡を集めたもの。現在原本は伝わらず,刊年,版元,編者等も不明であるが,伝本の〈寛政版〉には,寛文2年(1662)中嶋屋伊左衛門刊とある。また,柳亭種彦の《吉原書籍(しよじやく)目録》は,延宝・天和年間(1673‐84)ころの刊とする。伝本には〈寛政5年(1793)版〉〈文政2年(1819)版〉〈鹿の子版(刊年不明)〉の3系統がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

吉原はやり小哥そうまくりの関連キーワード淋敷座之慰

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android