コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉原はやり小哥そうまくり よしわらはやりこうたそうまくり

1件 の用語解説(吉原はやり小哥そうまくりの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

よしわらはやりこうたそうまくり【吉原はやり小哥そうまくり】

江戸時代の歌謡集。寛文(1661‐73)ころ,江戸吉原の遊里で流行した歌謡を集めたもの。現在原本は伝わらず,刊年,版元,編者等も不明であるが,伝本の〈寛政版〉には,寛文2年(1662)中嶋屋伊左衛門刊とある。また,柳亭種彦の《吉原書籍(しよじやく)目録》は,延宝・天和年間(1673‐84)ころの刊とする。伝本には〈寛政5年(1793)版〉〈文政2年(1819)版〉〈鹿の子版(刊年不明)〉の3系統がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉原はやり小哥そうまくりの関連キーワード山家鳥虫歌寛文奥山永碩兼門鎌倉新蔵小道三作屋九兵衛祐国玉井権八三国彦作(2代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone