コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉原雅風 よしわら がふう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉原雅風 よしわら-がふう

1882-1929 明治-昭和時代前期の日本画家。
明治15年11月11日生まれ。橋本雅邦師事。明治40年文展に初入選し,のち文展,帝展を中心に活躍。「雪の清水越」「山霧」など雄大な趣の山水画をえがいた。昭和4年12月25日死去。48歳。埼玉県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は義雄。別号に探仙斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉原雅風の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎稲垣浩マキノ雅広島津保次郎内田吐夢小津安二郎溝口健二五所平之助田坂具隆

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android