山霧(読み)やまぎり

日本大百科全書(ニッポニカ)「山霧」の解説

山霧
やまぎり

斜面に沿って空気が上昇するときにできる。滑昇霧の俗称。遠くから離れてみると山霧も雲と区別がつかないが、霧粒をみると山霧のほうが雲よりも粒が概して小さいのが特徴である。

[大田正次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「山霧」の解説

やま‐ぎり【山霧】

〘名〙 山にたつ霧。山一面にたちこめる霧。《季・秋》
※万葉(8C後)九・一七〇四「ふさ手折り多武の山霧(やまぎり)しげみかも細川の瀬に波の騒ける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「山霧」の解説

やま‐ぎり【山霧】

山に発生する霧。山の斜面を空気が上昇するときにできる。 秋》「―のさっさと抜ける座敷かな/一茶

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山霧の言及

【霧】より

…(2)発生する場所による分類 (a)川霧 川の上や川の近くに発生する霧で,川の水面からの蒸気霧である。(b)山霧 一般には滑昇霧だが,山にかかる雲も,その中に入れば山霧である。(c)谷霧 山頂で放射冷却によって生じた冷たい重い空気が,谷に流れ下りてたまり,水蒸気が凝結して生ずる霧。…

※「山霧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android