コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉士金 きしの かね

1件 の用語解説(吉士金の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉士金 きしの-かね

?-? 6世紀後半の官吏。
新羅(しらぎ)(朝鮮)への使者。新羅にほろぼされた任那(みまな)の再建をはかるため,2万余の軍兵が筑紫(つくし)にあつめられた崇峻(すしゅん)天皇4年(591),任那復興について新羅の見解を問いただした。敏達(びだつ)天皇4年(575)に派遣された吉士金子(かね)と同人とみられ,吉士磐金(いわかね)と同一人物とする説もある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

吉士金の関連キーワード新羅新羅楽新羅琴遣新羅使印支弥大伴談白猪骨漆部兄土師甥弥騰利

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone