コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉士金 きしの かね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉士金 きしの-かね

?-? 6世紀後半の官吏。
新羅(しらぎ)(朝鮮)への使者。新羅にほろぼされた任那(みまな)の再建をはかるため,2万余の軍兵が筑紫(つくし)にあつめられた崇峻(すしゅん)天皇4年(591),任那復興について新羅の見解を問いただした。敏達(びだつ)天皇4年(575)に派遣された吉士金子(かね)と同人とみられ,吉士磐金(いわかね)と同一人物とする説もある。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android