コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉士磐金 きしの いわかね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉士磐金 きしの-いわかね

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
推古(すいこ)天皇5年(597)朝鮮の新羅(しらぎ)へ派遣される。31年新羅が任那(みまな)を討ったときにも,事情聴取に新羅にわたる。任那を領有しない約束を新羅にさせ,調貢使をつれて船出しようとしたところへ,新羅征討の軍船が到着。使者が恐れをなして逃げかえったため,貢物だけもって帰国したという。氏は難波(なにわの)吉士とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone