吉山明兆(読み)きちざんみんちょう

精選版 日本国語大辞典の解説

きっさん‐みんちょう ‥ミンテウ【吉山明兆】

室町初期の画僧。淡路の人。「みょうちょう」とも。大道一以の法弟として東福寺にはいり、殿司(でんす)職についたので兆殿司と呼ばれる。別号、破草鞋(はそうあい)。仏画、道釈人物画、頂相等にすぐれ、「大涅槃図」「五百羅漢像」「聖一国師像」などの作品がある。文和元~永享三年(一三五二‐一四三一

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の吉山明兆の言及

【明兆】より

…室町初期の東福寺の画僧。淡路島に生まれ,若くして同地の安国寺に入り,大道一以(1289‐1370)の弟子となり,師より吉山(きつさん)明兆の道号と法諱(ほうき)を授けられた。安国寺において画ばかり描き禅の修行をおこたったので,師から師弟の縁を切られ,大道に捨てられた破れ草鞋(わらじ)にたとえ,自ら〈破草鞋(はそうあい)〉と号し,後に〈破草鞋〉の印章を用いた。…

※「吉山明兆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android