コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大道一以 だいどう いちい

1件 の用語解説(大道一以の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大道一以 だいどう-いちい

1292-1370 鎌倉-南北朝時代の僧。
正応(しょうおう)5年7月23日生まれ。臨済(りんざい)宗。14歳のとき比叡(ひえい)山で受戒。備前(岡山県)光明寺蔵山順空(ぞうざん-じゅんくう)の法をつぎ,南禅寺,東福寺虎関師錬(こかん-しれん)らにまなぶ。康永元=興国3年夢窓疎石の要請で阿波(あわ)(徳島県)補陀(ふだ)寺,のち東福寺,南禅寺の住持をつとめた。応安3=正平(しょうへい)25年2月26日死去。79歳。出雲(いずも)(島根県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の大道一以の言及

【明兆】より

…室町初期の東福寺の画僧。淡路島に生まれ,若くして同地の安国寺に入り,大道一以(1289‐1370)の弟子となり,師より吉山(きつさん)明兆の道号と法諱(ほうき)を授けられた。安国寺において画ばかり描き禅の修行をおこたったので,師から師弟の縁を切られ,大道に捨てられた破れ草鞋(わらじ)にたとえ,自ら〈破草鞋(はそうあい)〉と号し,後に〈破草鞋〉の印章を用いた。…

※「大道一以」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大道一以の関連キーワード世尊寺伊俊向阿雲山智越覚尊浄耀末兼道玄(2)平心処斎良暁(2)了堂素安

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone