頂相(読み)ちんぞう

  • ▽頂相
  • ちょうそう
  • ちょうそう〔チヤウサウ〕
  • ちょうぞう チャウザウ
  • ちんそう
  • ちんぞう ‥ザウ
  • ちんぞう〔ザウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

禅僧の肖像画禅宗では,法の師資相承を重んじることから印可の証明として,師の肖像画と法語を弟子に与える。中国の北宋時代から盛大に行われ,日本にも伝来し鎌倉室町時代に盛行した。禅宗の発展とともに禅林で多数描かれ,日本の肖像画にも影響を及ぼした。道元禅師が帰国の際に如浄禅師の頂相を付与された例が古く,以後宋風の影響を脱して『大燈国師像』,無等周位筆『夢窓国師像』など日本的肖像画も制作された。袈裟を着け,払子 (ほっす) を持ち,曲ろくに坐す姿を描いた全身像と上半身を描く半身像の2種類があり,上部に師の自賛書されるのが原則。南北朝時代以後には俗人でも出家した者は,『北条時頼像』のように頂相形式で描かれることが盛んになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

《「ちんそう」とも。「ちん(頂)」は唐音禅宗高僧の肖像。画像は写実性が要求され、師がみずからの頂相画にをつけて弟子に与え伝法の証(あかし)とした。彫像で表した頂相彫刻もある。中国代から隆盛をみ、日本では鎌倉時代にすぐれた作品が多い。ちょうそう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

禅僧の彫像,画像。〈ちんぞう〉〈ちょうそう〉ともいう。禅宗において,祖師の忌日にその画像を法堂に掛け,また修行をつんだ印可の証として師の画像を弟子に授ける習慣があったため,中国では北宋代以降,日本では鎌倉時代以降数多く制作された。上半身像と曲【ろく】(きょくろく)に座した全身像の2形式がある。
→関連項目禅宗美術

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

〈ちんぞう〉または〈ちょうそう〉ともいう。仏の頂(いただき)(頭部)は本来無相,すなわち見るあたわざるものであるが,その相貌を彫像あるいは画像で表現したものが頂相であり,転じて禅僧の彫像もしくは画像の通称となった。禅宗では〈法〉は師から弟子へ受けつがれるものであり,したがって師の像容を写した頂相はもっとも尊重され,生けるがごとく慕される。画像の場合,通常,師が伝法の印可(悟道の熟達を証明したもの)として図上に賛し,その法嗣に付与したものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうぞうとも
ちんぞう頂相
ちんそう ちょうそうとも。ちんは唐音
禅宗で、師または高僧の肖像画をいう。禅宗において非常に重要視され、高僧の像を法堂にかけたり、印可の証として師の頂相を法嗣ほつすに与えることが行われた。中国北宋時代に盛んとなり、日本には鎌倉時代に伝えられ、室町・江戸時代を通じて盛行した。様式は写実的で、日本の肖像画の発達に大きな影響を及ぼした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「ちんそう」とも。「ちん」は「頂」の唐宋音) 仏語。禅宗で、祖師または先徳などの肖像画。半身像が多いが、全身像にもいう。
※正法眼蔵(1231‐53)嗣書「善知識の会下に参じて、頂相一幅、法語一軸を懇請して嗣法の標準にそなふ」 〔梁簡文帝‐四月八日度人出家願文〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

禅宗の僧侶の間で,師が弟子に与える肖像画
「ちんぞう」とも読む。禅宗では,弟子が一人前になると,その師は伝法のしるしとして肖像画に自賛を書いて弟子に与えた。この習慣は中国の北宋時代(960〜1127)に盛んで,日本には鎌倉時代に伝えられて以来,室町・江戸時代にも行われ,その写実的な描写法は肖像画の発展に大きく影響した。大徳寺『大灯国師像』,妙智院『夢窓国師像』,建長寺『蘭渓道隆像』などが有

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の頂相の言及

【頂相】より

…〈ちんぞう〉または〈ちょうそう〉ともいう。仏の頂(いただき)(頭部)は本来無相,すなわち見るあたわざるものであるが,その相貌を彫像あるいは画像で表現したものが頂相であり,転じて禅僧の彫像もしくは画像の通称となった。禅宗では〈法〉は師から弟子へ受けつがれるものであり,したがって師の像容を写した頂相はもっとも尊重され,生けるがごとく敬慕される。…

【江戸時代美術】より

…美濃の遊行僧円空が,地方民衆の素朴な信仰に支えられて各地に残したおびただしい木彫像は,古代以来の鉈(なた)彫りの伝統を蘇生させたものであるが,ここにも黄檗彫刻の影響が認められる。また寛文から元禄ころ(1661‐1704)にかけて,黄檗宗の高僧の頂相(ちんそう)絵画がさかんにつくられた。これは,西洋の写実手法の影響を強く受けた明末・清初の肖像画法によるもので,江戸時代洋風画史の第1段階としても注目される。…

【黄檗美術】より

… 絵画の分野では,黄檗画像がまずあげられる。これは,隠元,木庵,即非など,渡来した黄檗高僧の頂相(ちんそう)で,17世紀後半から18世紀にかけおもに長崎で描かれた。伝統的な頂相の手法とは異なり,赤や黄の原色の法衣をまとった真正面向きの像で,その顔には西洋風の陰影を施しきわめて写実的である。…

【鎌倉時代美術】より

…京都長福寺)など作品が多く,その作柄の高さは一般の仏教美術の水準をしのいでいる。《花園天皇像》はまた似絵の伝統的画法に頂相(ちんそう)の筆意を加えたものとして注目されている。
[新仏教の美術と鎌倉]
 いわゆる鎌倉新仏教が文化,特に造形美術の上に影響を及ぼしだすのは13世紀後半といってよいであろう。…

【肖像】より

…にもかかわらず黄檗系画像や道教像,朝鮮の帝王図では正面性を堅持している。同じ尊崇性の強い頂相(ちんそう)(禅僧画像)では日常性の中に高い精神性を見いだすため,あえて正面性を避け斜め正面表現とする例も生じた。この場合,顔の向きに意味が付加されてくる。…

※「頂相」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頂相の関連情報