コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頂相 ちんぞう

7件 の用語解説(頂相の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頂相
ちんぞう

禅僧の肖像画。禅宗では,法の師資相承重んじることから印可の証明として,師の肖像画と法語を弟子に与える。中国の北宋時代から盛大に行われ,日本にも伝来し鎌倉,室町時代に盛行した。禅宗の発展とともに禅林で多数描かれ,日本の肖像画にも影響を及ぼした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐そう〔チヤウサウ〕【頂相】

ちんぞう(頂相)

ちん‐ぞう〔‐ザウ〕【頂相】

《「ちんそう」とも。「ちん(頂)」は唐音禅宗の高僧の肖像。画像は写実性が要求され、師がみずからの頂相画にをつけて弟子に与え伝法の証(あかし)とした。彫像で表した頂相彫刻もある。中国代から隆盛をみ、日本では鎌倉時代にすぐれた作品が多い。ちょうそう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

頂相【ちんそう】

禅僧の彫像,画像。〈ちんぞう〉〈ちょうそう〉ともいう。禅宗において,祖師の忌日にその画像を法堂に掛け,また修行をつんだ印可の証として師の画像を弟子に授ける習慣があったため,中国では北宋代以降,日本では鎌倉時代以降数多く制作された。
→関連項目禅宗美術

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちんそう【頂相】

〈ちんぞう〉または〈ちょうそう〉ともいう。仏の頂(いただき)(頭部)は本来無相,すなわち見るあたわざるものであるが,その相貌を彫像あるいは画像で表現したものが頂相であり,転じて禅僧の彫像もしくは画像の通称となった。禅宗では〈法〉は師から弟子へ受けつがれるものであり,したがって師の像容を写した頂相はもっとも尊重され,生けるがごとく敬慕される。画像の場合,通常,師が伝法の印可(悟道の熟達を証明したもの)として図上に著賛し,その法嗣に付与したものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちょうそう【頂相】

〔「ちょうぞう」とも〕

ちんぞう【頂相】

〔「ちんそう」 「ちょうそう」とも。「ちん」は唐音〕
禅宗で、師または高僧の肖像画をいう。禅宗において非常に重要視され、高僧の像を法堂にかけたり、印可の証として師の頂相を法嗣ほつすに与えることが行われた。中国北宋時代に盛んとなり、日本には鎌倉時代に伝えられ、室町・江戸時代を通じて盛行した。様式は写実的で、日本の肖像画の発達に大きな影響を及ぼした。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の頂相の言及

【頂相】より

…〈ちんぞう〉または〈ちょうそう〉ともいう。仏の頂(いただき)(頭部)は本来無相,すなわち見るあたわざるものであるが,その相貌を彫像あるいは画像で表現したものが頂相であり,転じて禅僧の彫像もしくは画像の通称となった。禅宗では〈法〉は師から弟子へ受けつがれるものであり,したがって師の像容を写した頂相はもっとも尊重され,生けるがごとく敬慕される。…

【江戸時代美術】より

…美濃の遊行僧円空が,地方民衆の素朴な信仰に支えられて各地に残したおびただしい木彫像は,古代以来の鉈(なた)彫りの伝統を蘇生させたものであるが,ここにも黄檗彫刻の影響が認められる。また寛文から元禄ころ(1661‐1704)にかけて,黄檗宗の高僧の頂相(ちんそう)絵画がさかんにつくられた。これは,西洋の写実手法の影響を強く受けた明末・清初の肖像画法によるもので,江戸時代洋風画史の第1段階としても注目される。…

【黄檗美術】より

… 絵画の分野では,黄檗画像がまずあげられる。これは,隠元,木庵,即非など,渡来した黄檗高僧の頂相(ちんそう)で,17世紀後半から18世紀にかけおもに長崎で描かれた。伝統的な頂相の手法とは異なり,赤や黄の原色の法衣をまとった真正面向きの像で,その顔には西洋風の陰影を施しきわめて写実的である。…

【鎌倉時代美術】より

…京都長福寺)など作品が多く,その作柄の高さは一般の仏教美術の水準をしのいでいる。《花園天皇像》はまた似絵の伝統的画法に頂相(ちんそう)の筆意を加えたものとして注目されている。
[新仏教の美術と鎌倉]
 いわゆる鎌倉新仏教が文化,特に造形美術の上に影響を及ぼしだすのは13世紀後半といってよいであろう。…

【肖像】より

…にもかかわらず黄檗系画像や道教像,朝鮮の帝王図では正面性を堅持している。同じ尊崇性の強い頂相(ちんそう)(禅僧画像)では日常性の中に高い精神性を見いだすため,あえて正面性を避け斜め正面表現とする例も生じた。この場合,顔の向きに意味が付加されてくる。…

※「頂相」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

頂相の関連キーワード巾箱本沈想陳訴賃走ワクチンソフトキッチンソープしぶちん変奏曲ハッチンソン三徴候宗椿(2)宝山宗珍

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

頂相の関連情報