吉川介山(読み)よしかわ かいざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉川介山 よしかわ-かいざん

1829-1897 江戸後期-明治時代の漢学者。
文政12年生まれ。越中富山藩士。江戸で塩谷宕陰(しおのや-とういん)の塾にまなび,藩校広徳館の教官となる。詩文で知られ,俳諧(はいかい)もよくした。維新後は富山県の官吏,師範学校教諭などをつとめた。明治30年9月9日死去。69歳。本姓は寺西。名は辰次。通称は与衛。別号に越雲,青州,有海。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android