コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉川治太夫 よしかわ じだゆう

1件 の用語解説(吉川治太夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉川治太夫 よしかわ-じだゆう

1810*-1863 江戸時代後期の武士。
文化6年12月25日生まれ。伊勢(いせ)(三重県)神戸(かんべ)藩士。藩校教倫堂の教授などをへて,文久元年河内(かわち)(大阪府)錦部郡長野の代官となる。天誅(てんちゅう)組が結成されると,軍資金の一部を代官所からひきだして支援した。その責任を負い,文久3年9月3日自刃(じじん)した。55歳。名は祇徳。字(あざな)は子穆。号は存々庵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

吉川治太夫の関連キーワード夜来奥平壱岐奥村七太夫清水純斎高田亘中根長十郎蜂屋光世宮田真津根柳糸園綾風竜眠

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone