吉川治太夫(読み)よしかわ じだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉川治太夫 よしかわ-じだゆう

1810*-1863 江戸時代後期の武士。
文化6年12月25日生まれ。伊勢(いせ)(三重県)神戸(かんべ)藩士。藩校教倫堂の教授などをへて,文久元年河内(かわち)(大阪府)錦部郡長野の代官となる。天誅(てんちゅう)組が結成されると,軍資金の一部を代官所からひきだして支援した。その責任を負い,文久3年9月3日自刃(じじん)した。55歳。名は祇徳(あざな)は子穆。は存々庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android