コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉川温恭 よしかわ よしずみ

2件 の用語解説(吉川温恭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉川温恭 よしかわ-よしずみ

1767-1846 江戸時代後期の製茶家。
明和4年生まれ。武蔵(むさし)入間郡(埼玉県)の人。近郷の村野盛政と協力して製茶法を研究・改良。江戸の茶商山本嘉兵衛(かへえ)らと特約し,たかい評価をえる。近隣に茶栽培をすすめ,狭山(さやま)茶発展の基礎をきずいた。宮大工もいとなむ。弘化(こうか)3年8月7日死去。80歳。通称は忠八。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

吉川温恭

没年:弘化3.8.7(1846.9.27)
生年:明和4(1767)
江戸後期の茶業改良家。宮大工としても活躍。通称は忠八。武蔵国入間郡二本木村西久保(入間市)の生まれ。家伝によると,享和2(1802)年に近郷の村野盛政と共に室町時代の記録にみえる「武蔵河越茶」の復興を志して製茶法を改良,文化9(1812)年にはじめて江戸へ販売したという。文政2(1819)年の江戸の茶商山本嘉兵衛らとの約定書では,村野家の製品とともに「狭山土産之宇治製茶」と品質を評価され,横浜開港以後の狭山茶発展の基礎をつくった。狭山茶の来歴については,出雲祝神社(入間市)に残る山本嘉兵衛をはじめ地元の茶業者38名による天保3(1832)年銘の「重闢茶場碑」などがある。<参考文献>埼玉県茶業協会『狭山茶業史』

(重田正夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉川温恭の関連キーワード長野横笛宮大工水産業改良普及事業地域農業改良普及センターの必置規制農業改良資金酒井甚四郎坂三郎柴倉対馬永谷義弘村野盛政

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone