コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村野盛政 むらの もりまさ

2件 の用語解説(村野盛政の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村野盛政 むらの-もりまさ

1764-1819 江戸時代後期の製茶家。
明和元年生まれ。武蔵(むさし)入間郡坊村(東京都瑞穂(みずほ)町)の人。剣術師範で,俳人。享和のころ近村の吉川温恭(よしずみ)と協力して茶を栽培。製茶法を改良して「狭山(さやま)茶」をおこし,江戸の茶問屋でたかい評価をうけた。文政2年4月20日死去。56歳。通称は弥七。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

村野盛政

没年:文政2.4.20(1819.5.13)
生年:明和1(1764)
江戸後期の茶業改良家。剣術家,俳諧師としても活躍。通称弥七。武蔵国入間郡坊村(東京都瑞穂町)の生まれ。家伝によると,寛政年間(1789~1801)に茶業に着手し,近郷の吉川温恭と共に室町時代の記録にみえる「武蔵河越茶」を復興した。製茶法を改良し,文化10(1813)年には「宇治信楽の風味にも劣らず」と評されたという。江戸の茶商山本嘉兵衛らからも,吉川家の製品とともに「狭山土産之宇治製茶」と高い評価を得,横浜開港以後の狭山茶発展の基礎を築いた。<参考文献>埼玉県茶業協会『狭山茶業史』

(重田正夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村野盛政の関連キーワード貞門北条団水俳諧師地域農業改良普及センターの必置規制農業改良資金今西判左衛門岩崎恒固酒井甚四郎坂三郎吉川温恭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone