吉村忠夫(読み)よしむら ただお

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「吉村忠夫」の解説

吉村忠夫 よしむら-ただお

1898-1952 大正-昭和時代の日本画家。
明治31年10月5日生まれ。松岡映丘大和絵をまなぶ。文展,帝展,日展で活躍。正倉院御物研究家としても知られた。昭和13年映丘の没後,国画院を指導,また日本画院を創立して同人となる。昭和27年2月17日死去。53歳。福岡県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。作品に「灯籠大臣」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android