コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松岡映丘 まつおか えいきゅう

美術人名辞典の解説

松岡映丘

日本画家。兵庫県生。名は輝夫。生家は代々医家で兄は国文学者井上通泰・民族学者柳田国男・言語学者松岡静男。東美校卒。初め橋本雅邦の門に入り、のち山名貫義大和絵を学び、ついで川合玉堂の指導を受ける。鏑木清方らと金鈴社を、岩田正巳らと新興大和絵会を起こし、また国画院を結成、大和絵の伝統を近代によみがえらせ、多くの名品を残した。帝展審査員。帝国芸術院会員。昭和13年(1938)歿、58才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

まつおか‐えいきゅう〔まつをかエイキウ〕【松岡映丘】

[1881~1938]日本画家。兵庫の生まれ。本名、輝夫。柳田国男の弟。新興大和絵運動を展開し、大和絵の復興・刷新に努めた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

松岡映丘【まつおかえいきゅう】

日本画家。兵庫県生れ。本名輝夫。柳田国男の弟にあたる。山名貫義に大和絵を学び,1904年東京美術学校を卒業。1916年平福百穂,吉川霊華らと金鈴社を組織し,1918年母校教授となった。
→関連項目井上通泰小村雪岱杉山寧高山辰雄橋本明治山口蓬春山本丘人結城素明

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松岡映丘 まつおか-えいきゅう

1881-1938 明治-昭和時代前期の日本画家。
明治14年7月9日生まれ。橋本雅邦(がほう),山名貫義(つらよし)にまなぶ。大正7年母校東京美術学校(現東京芸大)の教授。あたらしい大和絵をめざし,金鈴社,新興大和絵会また国画院を結成した。昭和5年帝国美術院賞。帝国美術院会員。民俗学者柳田国男は実兄。昭和13年3月2日死去。58歳。兵庫県出身。本名は輝夫。作品に「室君」「右大臣実朝(さねとも)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まつおかえいきゅう【松岡映丘】

1881~1938) 日本画家。兵庫県生まれ。本名、輝夫。東京美術学校卒。新興大和絵会・国画院結成など大和絵復興に尽力。歴史画にすぐれる。柳田国男の弟。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松岡映丘
まつおかえいきゅう

[生]1881.7.9. 兵庫,田原
[没]1938.3.2. 東京
日本画家。本名は輝夫。国文学者の井上通泰,民俗学者の柳田国男,言語学者の松岡静雄は兄。幼時より歴史画を好み,初め橋本雅邦に狩野派を,のち山名貫義やまと絵を学び,東京美術学校に入学。1904年卒業後,母校の助教授,教授を歴任。1914年以来文部省美術展覧会(文展)に出品,1916年鏑木清方平福百穂らと金鈴社を組織,1921年新興大和絵会を創設。1929年第10回帝展の『平治の重盛』が帝国美術院賞を受賞,翌 1930年帝国美術院会員となり,1935年国画院を結成。1937年帝国芸術院会員。有職故実に対する教養を深め,また西洋画の技法をも学び,やまと絵の新しい発展と近代化に尽くした。主要作品『右大臣実朝』(1932,日本芸術院)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松岡映丘
まつおかえいきゅう
(1881―1938)

日本画家。本名輝夫。兵庫県生まれ。民俗学者柳田国男(やなぎたくにお)は兄。1889年(明治22)に上京、初め橋本雅邦(がほう)、のち大和(やまと)絵を志して山名貫義(つらよし)に師事する。1904年(明治37)東京美術学校を卒業。08年同校助教授、18年(大正7)から35年(昭和10)まで教授を務めた。主として文展、帝展に出品、14年第8回文展の『夏たつ浦』は大和絵を新たに解釈したものとして注目を集めた。16年に結城素明(ゆうきそめい)、平福百穂(ひらふくひゃくすい)らと金鈴(きんれい)社を結成。21年に新興大和絵会、さらに35年には国画院を設立するなど、大和絵の刷新に努めた。19年の第1回帝展から毎回審査員にあげられ、30年帝国美術院会員、37年に帝国芸術院会員。『室君(むろきみ)』『山科(やましな)の宿』『右大臣実朝(さねとも)』などが代表作。東京で没。[原田 実]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の松岡映丘の言及

【復古大和絵派】より

…為恭が平安時代の障子絵を想像復元(大樹寺襖絵)するなど,古典に対する知的興味の先行も指摘できるが,《古今著聞集》などに取材した新しい主題をつくった積極面が評価される。明治期の菊池容斎(ようさい),小堀鞆音(ともと)(1864‐1931),吉川霊華(きつかわれいか)(1875‐1929),松岡映丘(えいきゆう)(1881‐1938)らの歴史画の先駆となった。やまと絵【鈴木 広之】。…

※「松岡映丘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

松岡映丘の関連キーワード服部 有恒高木保之助柴田 安子吉村 忠夫早川孝太郎長谷川路可穴山勝堂浦田正夫松岡小鶴吉田秋光松岡たけ柴田安子遠藤教三野島青茲吉村忠夫服部有恒森村宜永山田秋衛川本末雄狩野光雅

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android