コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田宗恂 よしだ そうじゅん

2件 の用語解説(吉田宗恂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田宗恂 よしだ-そうじゅん

1558-1610 織豊-江戸時代前期の医師。
永禄(えいろく)元年生まれ。吉田宗桂(そうけい)の次男。角倉了以(すみのくら-りょうい)の弟。豊臣秀次(ひでつぐ)につかえ,後陽成天皇の病気を治療して法印となる。のち徳川家康につかえ,本草研究の顧問をつとめた。慶長15年4月17日死去。53歳。京都出身。名は光政,孫次郎。通称は意庵,意安。号は又玄子。著作に「本草序例抄」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

吉田宗恂

没年:慶長15.4.17(1610.6.8)
生年:永禄1(1558)
安土桃山時代の医者。宗桂の次男で医業を継ぎ,兄の角倉了以 は土倉業を継いだ。初名は光政,孫次郎,号は又玄子。はじめ豊臣秀次に仕え,後陽成天皇の病気に献薬して奏効し,襲称していた意庵を勅によって意安と改め,法印に叙せられた。のち徳川家康に召され,隔年東下して家康の好んだ本草研究にも協力した。博識の人として知られ,南蛮船によって珊瑚枝がもたらされたときも,侍医のうち宗恂だけが名称,産地,採取法を答え,これを称賛した家康がその1枝を与えたと伝えられる。また家康の命で紫雪(鉱物多味配合薬)を作り,諸侍医もこれにならった。京都で没し,嵯峨二尊院に葬られた。<著作>『歴代名医伝略』『本草序例抄』<参考文献>京都府医師会編『京都の医学史』

(宗田一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉田宗恂の関連キーワード秦宗巳五辻為仲道恵文閑山岡如軒北小路俊孝安土桃山時代将棋所吉田宗桂文禄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone