コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田宗活 よしだ そうかつ

1件 の用語解説(吉田宗活の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田宗活 よしだ-そうかつ

1591-1641 江戸時代前期の医師。
天正(てんしょう)19年生まれ。施薬院全宗(せやくいん-ぜんそう)らにまなび,京都妙心寺の僧庸山景庸(ようざん-けいよう)について小児医方をおさめた。寛永3年のちの明正天皇の病気を治療して法橋(ほっきょう)となる。以来朝廷や幕府につかえた。寛永18年10月死去。51歳。通称は機庵。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉田宗活の関連キーワード日本のおもな城コリャード照山修理練習曲ガリレイ(年譜)九戸政実太閤検地本願寺身分統制令平戸オランダ商館

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone