コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田左春 よしだ さしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田左春 よしだ-さしゅん

1727-1784 江戸時代中期の医師。
享保(きょうほう)12年生まれ。京都で西依成斎(にしより-せいさい)に儒学をまなび,浅井図南(となん)らにつき医学をおさめる。家業を弟にゆずって大坂にうつり医院を開業。土佐高知藩の藩政にかかわり,天明3年大坂藩邸の留守居役となる。天明4年4月7日死去。58歳。土佐出身。名は楨。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉田左春の関連キーワードエカチェリーナジョージ布屋次兵衛ブーランビリエエカテリーナジョージジョージ2世ツェワン・アラプタン(策妄阿拉布坦)ポンシャルトラン光琳模様

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android