吉田愚谷(読み)よしだ ぐこく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田愚谷 よしだ-ぐこく

1763-1831 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦13年生まれ。吉田本節の吉田令世(のりよ)の父。常陸(ひたち)水戸藩士。立原翠軒(たちはら-すいけん)の門人で,のち藩命でをまなび,彰考館にはいる。天保(てんぽう)2年4月6日死去。69歳。名は尚典。字(あざな)は子新。通称は本節,本。別号に仁菴,謙斎。著作に「仁菴脉訣」「飛耳長目」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android