コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田愚谷 よしだ ぐこく

1件 の用語解説(吉田愚谷の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田愚谷 よしだ-ぐこく

1763-1831 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦13年生まれ。吉田本節の孫。吉田令世(のりよ)の父。常陸(ひたち)水戸藩士。立原翠軒(たちはら-すいけん)の門人で,のち藩命で医をまなび,彰考館にはいる。天保(てんぽう)2年4月6日死去。69歳。名は尚典。字(あざな)は子新。通称は本節,本助。別号に仁菴,謙斎。著作に「仁菴脉訣」「飛耳長目」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉田愚谷の関連キーワードビュート伯ニューフランスラルサ石上私淑言滑稽本剣持章行ゴローニンメイランペドロ高遊外売茶翁

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone