コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彰考館 しょうこうかん

4件 の用語解説(彰考館の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

彰考館
しょうこうかん

江戸時代初期,水戸藩主徳川光圀が設立した修史のための研究所。光圀は『大日本史』の編集を思い立ち,明暦3 (1657) 年江戸駒込の藩邸に史局を設けて着手し,寛文 12 (72) 年これを小石川の藩邸に移して彰考館と名づけた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょうこう‐かん〔シヤウカウクワン〕【彰考館】

寛文12年(1672)水戸藩主徳川光圀(とくがわみつくに)が江戸小石川の藩邸内に設けた「大日本史」の編纂(へんさん)局の名称。現在、水戸偕楽園(かいらくえん)近くの徳川ミュージアムに諸資料を保存。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょうこうかん【彰考館】

水戸藩主徳川光圀が「大日本史」編纂のため設立した編纂局。初め江戸に置かれ、光圀の死後水戸にも設けられたが、1829年徳川斉昭が水戸に統合。水戸学の中心となった。「大日本史」完成後、彰考館文庫として今日に至る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

彰考館
しょうこうかん

水戸(みと)藩の修史局。徳川光圀(みつくに)は世子時代の1657年(明暦3)初めて史局を江戸駒込(こまごめ)の水戸藩中屋敷(東京大学農学部敷地)に開いたが、十数年後、藩主時代の1672年(寛文12)それを小石川の本邸内(東京の後楽園はその庭園)に移して彰考館と名づけた。これによって『大日本史』の編纂(へんさん)は本格的となった。館名は、中国の学者杜預(どよ)の左伝の序「彰往考来」の語句に由来する。館には、光圀の招きに応じて全国から多くの学者が集まり、多いときは60名を超えたこともある。1683年(天和3)以来、1~数名の総裁が置かれた。なかには知名の学者も少なくない。1698年(元禄11)には同館の主体は水戸城内に移された。これは、光圀が引退し、水戸に近い西山荘(そう)(常陸太田(ひたちおおた)市)にあって修史の監修にあたる必要があったためである。以後、彰考館は江館(こうかん)(小石川邸内)と水館(すいかん)(水戸城内)の2館に分かれて編纂が進められた。光圀に続く第3代綱條(つなえだ)以後は館員も減少し、修史事業も衰えたが、第6代治保(はるもり)時代に復興し、9代斉昭(なりあき)は江館をやめて水館にまとめた。1871年(明治4)閉館同然となったが、徳川家は栗田寛(くりたひろし)らに委嘱して79年同館を再開、『大日本史』志表の脱稿に努めた。1906年(明治39)同書の完成によって修史局としての彰考館は閉鎖された。[瀬谷義彦]
『栗田勤著『水藩修史事略』(1928・大岡山書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の彰考館の言及

【大日本史】より

…神武天皇から南北朝時代の終末すなわち後小松天皇の治世(1382‐1412)までを,中国の正史の体裁である紀伝体により,本紀73巻,列伝170巻,志126巻,表28巻の4部397巻(別に目録5巻)で記述している。この事業に着手したのは2代藩主徳川光圀で,1657年(明暦3)に江戸駒込の藩邸に史局を設け,72年(寛文12)にこれを小石川の上屋敷に移して彰考館と命名し,ここに佐々宗淳,栗山潜鋒,三宅観瀾,安積(あさか)澹泊ら多くの学者を集めて,編纂に従事させるとともに,佐々らを京都,奈良など各地に派遣して,古文書・記録など史料の採訪に努めた(なお光圀隠居後は水戸でも編纂が進められ,のち1829年(文政12)には彰考館は水戸に一本化された)。光圀時代の編纂は本紀と列伝,すなわち伝記的な叙述の部門を中心とし,儒教道徳の見地から人物の評価を定めるところに,その主眼が置かれていた。…

【徳川光圀】より

…学問上では南朝正統の立場を強調した《大日本史》の編纂がある。この修史事業のために開いた彰考館には全国各地から学派にこだわらず学者を招き,多いときは館員が60名を超すこともあった。この学者の間に一つの学風が生まれ,これが天保期(1830‐44)に大成されて,水戸学となった。…

【豊田天功】より

…藤田幽谷の門人。1820年(文政3)史館彰考館見習。一時郷里に帰ったが41年(天保12)再び彰考館に入り,《大日本史》編纂に従事して顕著な功績を残した。…

※「彰考館」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

彰考館の関連キーワード水戸光圀大関増美黄門ちゃま片岡常道斎藤留次郎谷鉄蔵所佐一郎西宮秀松平頼徳水戸藩天保改革

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

彰考館の関連情報