コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田令世 よしだ のりよ

4件 の用語解説(吉田令世の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

吉田令世

水戸藩、藤田幽谷の女を娶り東湖とは義兄弟、彰考館助教、弘化元年(1844)歿、54才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田令世 よしだ-のりよ

1791-1844 江戸時代後期の国学者。
寛政3年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。藤田幽谷(ゆうこく)の門人で娘婿。徳川斉昭(なりあき)の藩主就任につくし,側近のひとりとしてその藩政改革をささえる。彰考館員,藩校弘道館の助教,歌道掛をつとめた。天保(てんぽう)15年5月23日死去。54歳。字(あざな)は平坦。通称は平太郎。号は活堂。著作に「歴代和歌勅撰考」「水の一すち」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

吉田令世

没年:弘化1.5.23(1844.7.8)
生年:寛政3(1791)
江戸後期の国学者。通称平太郎,字平坦,号活堂。水戸藩士。藤田幽谷の門人で女婿。国学の学力を買われて彰考館や藩校弘道館に勤務,弘道館助教となる。のち歌道掛に転じる。藩主徳川斉昭に近侍して信任を得た。斉昭の思想形成にも大きく関与したとされている。『声文私言』『活堂歌集』『歴代和歌勅撰考』などの著書がある。

(久保田啓一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

よしだのりよ【吉田令世】

1791‐1844(寛政3‐弘化1)
江戸後期の国学者。通称平太郎,字は平坦,活堂と号した。藤田幽谷の門に学び,書もよくした。水戸藩士で,江戸に出て徳川斉昭の侍読となる。また弘道館の助教に任じ,歌学局の事務をつかさどり,史館の編修を兼ねた。著書に《宇麻斯美道(うましみち)》《歴代和歌勅撰考》《声文私言》《永言鈔》《万葉綺語標》《難霊能真柱》《吉田令世日記》などがある。【鈴木 淳】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉田令世の関連キーワード戒言国学者加藤千年佐々木親覧三鍼那須高堅堀江宗彰真野可亭三木隆盛和田宗淳

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone