コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田白嶺 よしだ はくれい

2件 の用語解説(吉田白嶺の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

吉田白嶺

彫刻家。東京生。独学で彫刻を初め、東京彫工会・日本美術協会等に木彫を出品、のち日本美術院同人となる。代表作に『寂静』がある。昭和17年(1942)歿、72才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田白嶺 よしだ-はくれい

1872*-1942 明治-昭和時代前期の彫刻家。
明治4年12月9日生まれ。34年から独学で木彫をまなび,平櫛田中(ひらぐし-でんちゅう)らの日本彫刻会に参加。大正2年文展で「寂静」が褒状を受賞。のち再興日本美術院にうつり,同人となった。昭和17年1月21日死去。72歳。東京出身。本名は利兵衛。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の吉田白嶺の言及

【明治・大正時代美術】より

…彫塑の朝倉文夫,建畠大夢(たてはたたいむ)(1880‐1942),堀進二,池田勇八(1886‐1963),大理石彫の北村四海らがあげられるが,これらのなかでは朝倉文夫が傑出しており,《墓守》(1910),《いづみ》(1914)のように,的確な自然主義の作品を残した。 再興日本美術院には,平櫛田中,佐藤朝山(1888‐1963),内藤伸(1882‐1967),吉田白嶺(1871‐1942)の4人の木彫家で彫刻部が新設された。荻原守衛の影響と近代彫刻の本質に迫ろうとの試みは,ここに拠った藤井浩祐(こうゆう)(1882‐1958),戸張孤雁,石井鶴三,中原悌二郎,保田竜門(やすだりゆうもん)(1891‐1965)らに現れて高い水準を示し,官展に対抗しうる力を発揮した。…

※「吉田白嶺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉田白嶺の関連キーワード鳳秀太郎秋山錬造伊藤由太郎北村又三郎佐伯芳馬竹内類治築田多吉那須弓雄二条正麿山田賀一

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone