コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田経長 よしだ つねなが

2件 の用語解説(吉田経長の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田経長 よしだ-つねなが

1239-1309 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
延応元年生まれ。藤原為経(ためつね)の3男。母は藤原定高の娘。建治(けんじ)3年参議。正応(しょうおう)元年中納言となるが,1ヵ月で退任。正安(しょうあん)3年大覚寺統後二条天皇即位により復職し,正二位,権(ごんの)大納言となる。延慶(えんきょう)2年6月8日死去。71歳。日記に「吉続記(きちぞくき)」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

吉田経長

没年:延慶2.6.8(1309.7.15)
生年:延応1(1239)
鎌倉後期の公卿。権中納言為経の3男。母は権中納言二条定高の娘。権中納言葉室定嗣の娘,異母弟の権中納言冷泉経頼の娘を妻とする。寛元2(1244)年叙爵。弘長1(1261)年に中宮権大進。翌年,同母兄経藤と異母兄経任とが官位昇進をめぐって争い,敗れた経藤が出家する。このためか,経長は終生経任に対し,強烈な対抗意識を持っていたようだ。文永3(1266)年五位蔵人,7年左少弁。累進して11年右大弁,翌年には蔵人頭,左大弁。建治3(1277)年に参議となり公卿に列する。弘安2(1279)年ごろには亀山上皇の伝奏,評定衆を務めていたらしい。同6年に権中納言。正応1(1288)年に中納言となるが,1カ月で官を辞す。同年皇統は持明院統に移っており,大覚寺統の亀山上皇に忠節を尽くす意味での辞官であった。正安3(1301)年,亀山上皇の孫の後二条天皇が即位すると中納言に復帰。翌々年,念願の権大納言となったのちに出家。日記『吉続記』がある。

(本郷和人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の吉田経長の言及

【吉続記】より

…権大納言吉田経長の日記。書名は,経長の先祖藤原経房が吉田と号し,その日記を《吉記》と称したことから,これをつぐ意味で《吉続御記》と名づけ,これを略して《吉続記》という。…

※「吉田経長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉田経長の関連キーワード綾小路信有庭田重親正親町公叙豊岡尚資野宮定晴藤谷為脩藤谷為敦万里小路建房大原重度吉田経俊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone