コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛喜の飢饉 かんぎのききん

世界大百科事典 第2版の解説

かんぎのききん【寛喜の飢饉】

鎌倉時代,1230年(寛喜2)以後数年間続いた全国的飢饉。数年前から気象の変異や小さな飢饉が起きていたが,この年夏の極端な寒冷気象(陽暦7月末から8月初めに美濃,信濃,武蔵で降雪)による秋の全国的大凶作が発端となった。冬は逆に異常な暖冬となったため麦が徒長し翌年4月の収穫期に凶作となり,そのため31年1~3月の端境期に餓死者が続出し,麦秋(陰暦4月ごろ)後7月ごろまで大惨状が展開した。この年の秋,東国は豊作となるが,西国は干ばつのため凶作となり,32年(4月に攘災招福を願い貞永と改元)初夏の麦も植えつけ不足で収穫減少し,秋も8月8日の台風のため凶作にみまわれ,社会的生産力は弱められ回復は遅れていった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

寛喜の飢饉の関連キーワード鎌倉時代北条泰時寛喜新制