吉良義信(読み)きら よしのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉良義信 きら-よしのぶ

?-? 室町-戦国時代の武将。
吉良義真(よしざね)の子。三河(愛知県)西条吉良氏。治部大輔(たいふ)。応仁(おうにん)の乱のころ父にかわって将軍足利義政に近侍。文明13年(1481)家督をつぐ。永正(えいしょう)5年には京都一条室町の吉良邸を将軍足利義稙(よしたね)の仮御所に提供した。通称は三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android