吉良義冬(読み)きら よしふゆ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉良義冬 きら-よしふゆ

1607-1668 江戸時代前期の武士。
慶長12年生まれ。吉良義弥(よしみつ)の子。吉良義央(よしなか)の父。高家(こうけ)。寛永20年父の職をつぎ,4000石を領する。徳川家康への東照大権現神号宣下,徳川家光への贈位贈官,徳川家綱への将軍宣下などにあたり,将軍の朝廷への使いをつとめた。寛文8年3月25日死去。62歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android