コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉良義尚 きら よしなお

1件 の用語解説(吉良義尚の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉良義尚 きら-よしなお

1414-1467 室町時代の武将。
応永21年生まれ。吉良俊氏(としうじ)の子。三河(愛知県)西条吉良氏左兵衛佐(さひょうえのすけ)。万里小路(までのこうじ)時房の日記「建内記」嘉吉元年12月の部分に,当時の有力者の筆頭にその名があげられている。足利義教(よしのり)が殺されて将軍不在の時期に足利一門の代表者とみなされていたことがわかる。応仁(おうにん)元年10月死去。54歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

吉良義尚の関連キーワード意雲菊池兼朝宗成職堆朱楊成(4代)長尾房景長瀬泰貞波多野通郷松平親氏山名教豊遊佐国長

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone