コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉良義尚 きら よしなお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉良義尚 きら-よしなお

1414-1467 室町時代の武将。
応永21年生まれ。吉良俊氏(としうじ)の子。三河(愛知県)西条吉良氏。左兵衛佐(さひょうえのすけ)。万里小路(までのこうじ)時房の日記「建内記」嘉吉元年12月の部分に,当時の有力者の筆頭にその名があげられている。足利義教(よしのり)が殺されて将軍不在の時期に足利一門の代表者とみなされていたことがわかる。応仁(おうにん)元年10月死去。54歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉良義尚の関連キーワード室町時代華蔵義曇

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android