コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉賀将夫 よしか はたお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉賀将夫 よしか-はたお

1943- 昭和後期-平成時代の陶芸家。
昭和18年1月2日生まれ。吉賀大眉(たいび)の子。郷里の山口県萩(はぎ)市で父の指導のもと萩焼を制作。昭和50年日展に初入選し,58年特選。創意にとんだ独自の萩焼を生みだし,平成12年萩釉広口陶壺「曜'99・海」で芸術院賞。山口大教授。東京芸大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉賀将夫の関連キーワードレジスタンス文学太平洋戦争マキノ雅広ロン=ティボー国際音楽コンクール第2次世界大戦育英制度木下恵介呉昌征サン・テグジュペリザ・バンド

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android