吉野の監(読み)よしののげん

精選版 日本国語大辞典の解説

よしの【吉野】 の 監(げん)

大宝令以後、大和国(奈良県)吉野の離宮のことをつかさどるために置かれた一種の地方官庁。正・佑・令史などの職員がいた。
※続日本紀‐天平五年(733)正月丙寅「芳野監讚岐、淡路等国、去年不登、百姓飢饉。勅賑貸之

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android