コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同位体地質学 どういたいちしつがく

1件 の用語解説(同位体地質学の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

同位体地質学【どういたいちしつがく】

同位体(同位元素)の存在比の変動を利用して,地質現象の解明を研究する地質学の一分野。1930年ころ放射性同位体による年代測定を中心として発足し,1950年以後安定同位体の利用技術,微量放射能の測定技術などの進歩とともに急速に発展。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

同位体地質学の関連キーワード同位体同位元素同位元素効果同位体効果放射性同位元素放射性同位体ラジオアイソトープウラン鉛法天然存在比ウォッシュバーンの式

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone