コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物質移動 ぶっしついどう mass transfer

1件 の用語解説(物質移動の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぶっしついどう【物質移動 mass transfer】

固体中あるいは流体中を物質が主として拡散の作用によって移動する現象。固体中の移動は,もっぱら分子の濃度差と熱運動による分子拡散で行われるが,流体中の移動には分子拡散のほか,乱流に起因する不規則な変動運動による乱流拡散が寄与する。ただし流体の場合でも固体との界面近くでは,乱れが抑制されるため分子拡散が支配的となる。物質移動という場合,このような均一相内の移動よりも,固体‐液体,気体‐液体のような異相間移動現象がより重要で,ここに大きな関心がもたれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の物質移動の言及

【マス・ムーブメント】より

…本来の語意からすれば,マス・ウェースティングmass wastingの語をあてるのが適当とする意見もある。訳語としては物質移動が提唱されているが,あまり一般化していない。
[マス・ムーブメントの分類]
 マス・ムーブメントは,地質,地形,気候,植生などの諸条件が複雑に関与し合って生じるので,運動の様式や速度がさまざまのものを含んでいる。…

※「物質移動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

物質移動の関連キーワード圧力抵抗後流粘性流体輸送現象磁気流体波体中促進拡散アルヴェーン数デュンワルト‐ヴァグナーの式リチャードソンの拡散法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone