同性愛者(読み)どうせいあいしゃ

日本大百科全書(ニッポニカ)「同性愛者」の解説

同性愛者
どうせいあいしゃ

同性に対して恋愛感情を寄せ、性的な欲求を感じる性的指向をもつ人。ホモセクシュアルhomosexual。男性同性愛をウラニズムuranism、女性同性愛をレズビアニズムlesbianismまたはサッフィズムsapphismとよぶこともある。WHO(世界保健機関)の宣言(1993)にあるように、同性愛は性的指向の一型であってそれ自体は治療の対象とはならない。

 なお、恋愛・性愛の対象が異性に向かう者は異性愛者、恋愛・性愛の対象が異性と同性の両方に向かう者は両性愛者、恋愛・性愛において相手の性別を考慮しない者は全性愛者、異性や同性に恋愛感情を寄せるが性的な欲求を感じない者は非性愛者、恋愛感情を寄せたり性的な欲求を感じることがまったくない者は無性愛者とよばれる。

[編集部 2017年8月21日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android