コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同性愛者 どうせいあいしゃ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

同性愛者
どうせいあいしゃ

同性に恋愛感情を寄せる性的指向をもつ人。ホモセクシュアルhomosexual。男性同性愛をウラニズムuranism、女性同性愛をレズビアニズムlesbianism(レズビアン)またはサッフィズムsapphism(サフィズム)とよぶこともある。WHO(世界保健機関)の宣言(1992)にあるように、同性愛は単に性的指向の一型であってそれ自体は治療の対象とはならない。そのこと自体に本人が苦悩している場合(自我異質性同性愛)などが治療の対象となり、国際疾病分類第10版(ICD-10)やアメリカ精神医学会のDSM(精神障害の診断と統計の手引き)の診断カテゴリーにも含まれている。同性愛には、(1)真正同性愛(性指向が同性のみに向けられ、異性には全く向かないか嫌悪感を感じる)、(2)両性的同性愛(性指向が異性と同性の両方に向けられる)、(3)機会的同性愛(刑務所や修道院など異性に接する機会の少ない環境で、代償的に性指向が同性に向けられる)、などの種類がある。
 これに対して、異性に対して恋愛感情を寄せ、性的な欲求を感じる者は異性愛者、同性と異性の両方に恋愛感情を寄せる者は両性愛者、恋愛において相手の性別を考慮しない者は全性愛者、異性や同性に恋愛感情を寄せるが性的な欲求を感じない者は非性愛者、恋愛感情を寄せたり性的な欲求をまったく感じない者は無性愛者とよばれる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

同性愛者の関連キーワードアイ・アム・マイ・オウン・ワイフゲイ・ライツ・ムーブメントレズビアン・ゲイ解放運動クィア・アズ・フォークD. フェルナンデステイク・ミー・アウト性的マイノリティーパレードへようこそアニース パーカーヘテロセクシズム御釜・御竈・御竃きらきらひかるカミングアウトハイリスク集団蜘蛛女のキスホモフォビア夜になる前にきらきら光る性的少数者レスビアン

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

同性愛者の関連情報