コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同族村落 どうぞくそんらくclan settlement

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

同族村落
どうぞくそんらく
clan settlement

血縁関係のある人々が同一地域に居住して形成された村落。中国や朝鮮では古くから同一の祖先から出た人々の結びつきが強固で,同一の場所に居住して地縁集団として成立したところが多い。このような村落の日常生活では,冠婚葬祭をはじめ,年中行事その他,経済生活の面でも相互扶助の風習が強い。朝鮮では,もともと家名,門閥を尊重し,血縁関係のある人々が村落をつくり,これが行政上の下部組織となって邑 (日本の町に相当する) や面 (日本の村に相当する) を形成した。日本では本家,分家の関係から,一つの村落に同族的つながりの濃い村落が農山漁村にみられ,沖縄では門中 (もんちゅう) と呼ぶ同族集団も存在するが,中国や朝鮮にみられるほど,地縁集団としての結びつきは強くない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

同族村落の関連キーワード械闘

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android