コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地縁集団 ちえんしゅうだん local group

翻訳|local group

4件 の用語解説(地縁集団の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地縁集団
ちえんしゅうだん
local group

一定地域に共通の利害関心や面識関係をもって人間関係を保つことを第一義としている集団。定着的農耕社会の村落に多く,広義にはコミュニティーとも同義であるが,普通コミュニティー内の下位集団をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちえん‐しゅうだん〔‐シフダン〕【地縁集団】

一定地域に居住していることに基づいてつくられる社会集団。地縁団体。→血縁集団

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちえんしゅうだん【地縁集団】

一定地域に居住し社会生活をともに営むことによって成立する社会集団。地域集団。地縁団体。 → 血縁集団

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地縁集団
ちえんしゅうだん

同じ土地に住んでいるというゆかりで人々や諸家族が結び付いてつくっている社会集団のことをいう。もともと社会的存在である人間は、諸種の社会集団をつくって生活しているが、そのうち地域的なものを結合の契機にして形成されているものがこれである。とくに農村社会に、あるいは都市社会においても、住民の相互扶助的な性格をもった集団として、それらの社会構造の基礎を形づくっている。わが国では、組とか村落(村寄合(よりあい))、あるいは町内(町内会)などがその典型的な事例である。これらには自治的な機能をもったものが多い。同じ性格の集団が、アメリカではローカリティ・グループlocality group(地域集団)という概念でとらえられている。近隣集団neighborhood groupや地域共同社会communityがそれにあたる。この場合それらは、中心地にあるサービス施設への住民の帰属意識の統一化によって形成されるものと考えられている。最近、近代化や都市化が進むにつれて、わが国における地縁集団の拡大化や、アメリカにおけるローカリティ・グループの関心集団(インタレスト・グループ)化の傾向が顕著になってきている。[二宮哲雄]
『鈴木榮太郎著『日本農村社会学原理』(1940・時潮社/『鈴木榮太郎著作集』1968・未来社) ▽二宮哲雄著「ムラと組」(『講座日本の民俗 二 社会構成』所収・1980・有精堂出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地縁集団の関連キーワード地域団体秣場利水定石代入会慣習砂防指定地定地子定地走行燃費特定地域特定地方交通線

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地縁集団の関連情報