コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同期検定器 どうきけんていき synchroscope

2件 の用語解説(同期検定器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

同期検定器
どうきけんていき
synchroscope

交流発電機の並行運転などのとき,両発電機の周波数と位相が一致しているかどうかを調べるのに用いる。実験室用には,3個の電球を用いた同期検定灯が用いられる。3個の電球の点滅の状況で,両発電機が同期しているかどうかを知る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

同期検定器
どうきけんていき

二つの交流回路の周波数と位相が一致すなわち同期しているかどうかを検出する装置。二つの交流回路を並列する場合は、同期検定器を用いて、両回路の電圧および周波数をほぼ一致させ、電圧の位相の一致点で遮断器が投入されるように指令を与える必要がある。同期状態で遮断器を投入し並列すれば、両回路間には電流が流れないので問題ないが、位相が一致していない場合には、過大な電流が流れ、機器に悪影響を及ぼしたり、場合によっては大きな事故に発展するおそれもある。同期検定器の種類としては、同期検定灯や、固定コイルと可動コイル間の力を利用して、指針によって同期状態を示す同期検定器がある。一般に発電所や変電所では指針型の同期検定器を設置している。[内田直之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

同期検定器の関連キーワード回転変流機交流発電機重電機直流発電機電動発電機発電機発電所励磁機手回し発電機エッセン係数(発電機)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone