コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

力率計 りきりつけいpower factor meter

2件 の用語解説(力率計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

力率計
りきりつけい
power factor meter

力率をはかる指示計器。電流力計型では,電力計と無効電力計とを組合せた構造をもつ。可動コイルは互いに直交した2個のコイルから成り,一方は抵抗を通して,他方はコンデンサを通して負荷電圧を加える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りきりつけい【力率計 power factor meter】

交流回路において,電圧,電流の位相差をφとするとき,cosφすなわち力率を測定する計器。指示電気計器としては,電流力計形,または可動鉄片比率計形計器がある。最近では位相弁別回路を用い,位相差を直流電流または電圧に変換,可動コイル形計器で指示させるトランスデューサー形計器が用いられる。目盛は力率(中央で1,両端で0)のほか,位相角の目盛が付加されている。許容差は有効測定範囲で位相角に直して±3度である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone