コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名四国道 めいしこくどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名四国道
めいしこくどう

愛知県豊明市から名古屋市を経て三重県四日市市を結ぶ国道で,国道 23号線の一部。全長約 53.9km。 1958年着工し,1963年名古屋市港区寛政町~四日市市の 29.1kmが開通,1972年全線開通。4~8車線でインターチェンジは 13ヵ所。伊勢湾奥低湿地帯の地域開発,臨海工業地帯の産業道路という当初の目的を達成し,国道1号線のバイパスとして交通渋帯の緩和にも役立っている。名四国道のうち,濃尾三川 (愛知県弥富市-三重県桑名市 ) にまたがる部分は名四道路 (5450m,橋梁部分 2064m) と呼ばれる有料道路であったが,1972年無料化された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

名四国道の関連キーワード三重県四日市市長島(三重県)木曽岬(町)愛知県豊明市三重県桑名市愛知県弥富市桑名(市)飛島[村]大府[市]飛島(村)木曽岬町飛島村川越町大高

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android