コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名宛 ナアテ

デジタル大辞泉の解説

な‐あて【名宛】

手紙・小包などの、受け取るべき相手を指定すること。また、その名。あてな。「父の名宛で金を送る」
遊女などを指名すること。名ざし。
「わるい志庵が―にて、浮名をあげづめに」〈黄・艶気樺焼

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

名宛の関連キーワード手形(有価証券)自己宛為替手形銀行引受手形自己指図手形輸出入手形訴訟当事者荷為替手形不利益処分立憲主義ニクシー交付送達公示送達送金為替絵葉書執行文名宛人支払人宛名税関直披

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名宛の関連情報