名物記(読み)メイブツキ

大辞林 第三版の解説

めいぶつき【名物記】

由緒ある茶道具などについて解説した書。多くは江戸時代に編纂・出版された。「御飾記」「茶記名物図彙」「古今名物類聚」などが著名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めいぶつ‐き【名物記】

〘名〙 名高い事物、由緒ある道具などの名称、解説などを書きしるした書。
※浮世草子・日本永代蔵(1688)四「中にも定家の小倉色紙、名物(メイフツキ)に入たる外(ほか)六枚、〈略〉正筆に疑ひなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の名物記の言及

【名物】より

…また千家名物,燕庵名物というように,特定の固有名詞を冠して用いる場合もあるが,これらはその家の著名な道具を示している。その他,名物記(《松屋名物記》など名物の目録),名物裂(めいぶつぎれ)(著名な染織物),名物切(古筆切の名品),名物手(大井戸茶碗など名物に分類される主として陶器に関する呼称)などの成語がある。【戸田 勝久】。…

※「名物記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android