コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小倉色紙 おぐらしきし

4件 の用語解説(小倉色紙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小倉色紙
おぐらしきし

藤原定家筆といわれる『小倉百人一首』の色紙。『明月記』の嘉禎1 (1235) 年の条に,定家が嵯峨中院障子の色紙形に,天智天皇以下 100人の和歌を書いた記事があり,世にいう小倉色紙はこれに相当するという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おぐら‐しきし〔をぐら‐〕【小倉色紙】

藤原定家筆と伝えられる、小倉百人一首を書いた色紙。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おぐらしきし【小倉色紙】

いわゆる小倉百人一首の歌をその撰者藤原定家みずから書した色紙。京都嵯峨の小倉は風光優雅で古来多くの山荘がいとなまれた。和歌をよくした武将宇都宮頼綱もここにいて,その小倉山荘の障子(襖障子)に貼る色紙形(しきしがた)に,頼綱の依頼によって書かれたものという。そのため〈小倉山荘色紙和歌〉とも呼ばれる。100枚あったはずであるが,後世散逸して,江戸時代には30枚程度に減じていた。定家は歌道の上で大変あがめられたので,その奇異な書も名筆として尊ばれ評判も値段も高く,なかでも小倉色紙が最高で1枚1000両をこしたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おぐらしきし【小倉色紙】

藤原定家が書いたとされる小倉百人一首の色紙百枚。小倉山荘色紙。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小倉色紙の関連キーワードかるた小式部百人一首右近歌ガルタ小倉付け春道列樹をぐら山春秋かるた会(歌留多会)《愛国百人一首》

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone