コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名詞節 メイシセツ

デジタル大辞泉の解説

めいし‐せつ【名詞節】

文中で名詞と同じ機能を果たす。ふつう、その内部に主部述部を有するものをさす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めいしせつ【名詞節】

文の一部を構成する一連の語で、全体として一つの名詞と同じはたらきをするもののうち、その一連の語の中に主語・述語の関係にある語を含むもの。「彼が努力家であるのはだれもが認めるところだ」の「彼が努力家であるの」「だれもが認めるところ」などの類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

名詞節の関連キーワード節(せつ 言語学)努力家文中一連主語述語

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android