コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名越公時 なごえ きんとき

1件 の用語解説(名越公時の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

名越公時 なごえ-きんとき

1267-1295* 鎌倉時代の武将。
文永4年生まれ。名越(北条)時章(ときあきら)の子。弓と鞠(まり)にすぐれ,弘長(こうちょう)3年御鞠奉行,文永2年引付(ひきつけ)衆。9年父と叔父教時(のりとき)が北条時宗(ときむね)に討たれたが縁座をまぬかれ,翌年評定衆。のち執奏(しっそう),引付頭人(とうにん)となった。永仁(えいにん)2年12月28日死去。28歳。法名は道鑑。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

名越公時の関連キーワード二階堂貞藤サイバー犯罪玄海後宇多天皇孤雲懐奘後藤基政佐々木重綱素妙徹通義介南浦紹明

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone