コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禰寝院 ねじめいん

百科事典マイペディアの解説

禰寝院【ねじめいん】

平安時代後期から戦国期の院名で,古代の大隅国大隅郡禰覆(ねじめ)郷の名を継いだものとみられる。禰寝院北俣(禰寝北俣)・禰寝院南俣(禰寝南俣)に分かれ,前者を大禰寝院,後者を小禰寝院とも称した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねじめいん【禰寝院】

大隅国大隅郡から分出した古代・中世の行政所領単位。一般に院とは,平安時代に一国内未開地の開発がすすみ,既成の郡から事実上独立して国衙に直属する公領行政単位が形成されたさい,開発拠点の官衙(院)が行政単位名に転化したものと理解されている。禰寝院もすでに《和名抄》に郷名として現れ,本来の大隅郡の南端すなわち大隅半島最南端辺境に位置しているので,同様の経路で成立したものと考えられている。1069年(延久1)の文書に禰寝院と明記されているので,それまでに成立していたことがわかるが,同文書によると同院は当時すでに内部が北部3ヵ村(大禰寝=のちの北俣郡本,浜田,大姶良)と南部3ヵ村(志天利=のちの南俣郡本,田代,佐多)からなっていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone