コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北条時宗 ほうじょうときむね

9件 の用語解説(北条時宗の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北条時宗
ほうじょうときむね

[生]建長3(1251).5.15. 鎌倉
[没]弘安7(1284).4.4. 鎌倉
鎌倉幕府の8代執権 (在職 1268~84) 。時頼の3男。母は北条重時の娘。幼名は正寿。元服して相模太郎と称した。左馬権頭,但馬権守を経て相模守,正五位下,文永1 (64) 年連署,同5年執権。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほうじょう‐ときむね〔ホウデウ‐〕【北条時宗】

[1251~1284]鎌倉幕府第8代執権。在職1268~1284。時頼の長男。通称、相模太郎。元寇に際して強硬策をとり、文永の役弘安の役でこれを撃退。禅を信仰し、中国宋より無学祖元を招き、円覚寺を建立した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

北条時宗【ほうじょうときむね】

鎌倉幕府第8代執権。時頼の子。通称相模太郎。1268年執権となる。来属を要求する元(げん)に対して終始強硬な態度をとりその侵攻を退けた(文永・弘安の役)。豪毅果断,深く禅を信じ,宋から無学祖元を招き円覚寺を建立。
→関連項目二月騒動北条氏無学祖元

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北条時宗 ほうじょう-ときむね

1251-1284 鎌倉時代の武将。
建長3年5月15日生まれ。北条時頼の子。母は北条重時の娘。文永元年連署となり,3年将軍宗尊(むねたか)親王を廃し,惟康(これやす)親王を擁立。5年8代執権につく。9年庶兄の北条時輔らを討ち,得宗(とくそう)としての地位を確定。九州の防備体制をかため,2度の蒙古軍の来襲を撃退(文永・弘安(こうあん)の役)。禅宗に帰依し,無学祖元をまねき円覚寺を建立した。弘安7年4月4日死去。34歳。幼名は正寿。通称は相模太郎。法名は道杲(どうこう)。
【格言など】御家人已下(いげ),軍兵等は守護の命に随(したが)い,防戦の忠を致すべし(弘安の役で御家人へ発した教書)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

北条時宗

没年:弘安7.4.4(1284.4.20)
生年:建長3.5.15(1251.6.5)
鎌倉中期の武将。父は時頼。母は重時の娘。童名は正寿丸。法名は道杲,号は法光寺殿。夫人は堀内殿(安達義景の娘,覚山志道,のちの東慶寺開山)。邸宅は東亭(宝戒寺)と別荘の山内泉亭。建長3(1251)年,時頼の母・松下禅尼の邸で誕生し,康元2(1257)年に将軍宗尊親王の御所で元服,文応1(1260)年に小侍所別当となる。もうひとりの別当の北条実時は,少年時代の時宗の養育係とみられる。弘長3(1263)年,時頼が死去して翌文永1(1264)年,執権長時が出家し政村が執権となり,時宗は連署に就く。連署就任は,得宗継承には若年であったことによる。同2年に従五位上となり相模守。連署時代の主要な事件は同3年の将軍・宗尊親王の更迭と惟康親王の将軍就任であり,追放は時宗邸で時宗,政村,実時,安達泰盛の4名の合議で決定された。執権主導から得宗寄合への移行を示す事件であった。同5年8代執権となると,同9年2月,泰盛との画策で鎌倉で名越時章・教時兄弟を殺害,六波羅探題に追放していた舎兄・北条時輔を殺害し得宗権力を確定した(二月騒動)。この前後から,蒙古襲来への対応に精力を傾け,文永8年の高麗使節の来朝後に鎮西に所領を持つ御家人の鎮西下向を命じ,また,同11年の元軍撃退後は本所一円の地の非御家人をも動員することを明示し幕府の管轄権を御家人の枠外へと広げた。さらに弘安4(1281)年の元軍の襲来を撃退したのちは,鎮西守護と関東派遣の合奉行による鎮西特殊合議機関を設置し,異国警固を整備した。信仰面では,禅に傾倒し大休正念に帰依し,蘭渓道隆に新寺院の提供を申し出たが道隆の死去後,無学祖元を中国から招請し円覚寺を開いた。また,重文『本朝続文粋』は文永9年に北条実時が書写したものだが「相州御本」で校合したと記す。時宗所持本の一端を示すものか。墓堂は円覚寺仏日庵。<参考文献>川添昭二「北条時宗の連署時代」(『金沢文庫研究』263号),工藤敬一『北条時宗』,村井章介「蒙古襲来と鎮西探題の成立」(『アジアのなかの中世日本』)

(福島金治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

北条時宗

2001年放映のNHK大河ドラマ。原作は、高橋克彦の小説『時宗』。鎌倉幕府執権・北条時宗の34年の生涯を、モンゴル帝国の情勢も交えて描く。脚本:井上由美子。音楽:栗山和樹。出演:和泉元彌、渡部篤郎、渡辺謙ほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほうじょうときむね【北条時宗】

1251‐84(建長3‐弘安7)
鎌倉後期,モンゴル襲来のときの執権。父は北条時頼,母は同重時女。幼名正寿。7歳で将軍宗尊(むねたか)親王の手で元服,相模太郎時宗と称す。幼少より時頼の正嫡として執権となるべく育てられ,60年(文応1)小侍所(こさむらいどころ)別当,61年(弘長1)安達(あだち)義景女(泰盛養女)の堀内殿と結婚,左馬権頭従五位下,64年(文永1)連署,65年従五位上相模守。68年高麗使藩阜の来訪ののち,3月に18歳で執権に就任した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほうじょうときむね【北条時宗】

1251~1284) 鎌倉幕府八代執権。時頼の子。通称、相模太郎。文永・弘安の両度の元寇に際し、強硬に幕政を指導して、これを退けた。また、禅宗に帰依して宋から無学祖元を招き、円覚寺の開山とした。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北条時宗
ほうじょうときむね
(1251―1284)

鎌倉幕府第8代執権。時頼(ときより)の子、母は北条重時(しげとき)の女(むすめ)。幼名を正寿といい、相模(さがみ)太郎と称した。左馬権頭(さまごんのかみ)、相模守(かみ)などを歴任。法名道杲(どうこう)。1257年(正嘉1)7歳で元服、将軍宗尊(むねたか)親王の一字「宗」を与えられて時宗と名のる。64年(文永1)連署(れんしょ)となり、翌年相模守となる。66年、宗尊親王を陰謀のかどによって将軍の地位から追い、京都に送還、かわって親王の子惟康(これやす)王(3歳)を将軍に迎えた。これは、将軍在位15年、25歳になっていた親王と、御家人(ごけにん)ないし北条氏の傍流の者とが反得宗(とくそう)勢力として結集することを懸念して、北条嫡流(得宗)がとった処置であった。2年後の68年3月、時宗は北条政村(まさむら)にかわって執権となり、政村が連署となった。この年の初め日本の服属を求める蒙古(もうこ)の使者が来朝しており、これを退けた幕府は、蒙古の来襲あるを予測し、国防の強化に努めた。74年(文永11)の蒙古軍侵攻(文永(ぶんえい)の役)は九州の武士が撃退したが、再襲に備えて北九州沿岸に石塁を築かせ、さらに異国征伐の遠征軍派遣を計画した。81年(弘安4)再度蒙古軍が来襲(弘安(こうあん)の役)したが、このときも撃退に成功、なお防備の強化に専念した。84年(弘安7)病により出家、4月4日死去した。時宗は禅に深く帰依(きえ)し、建長寺(けんちょうじ)の蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)の没(1278)後、宋(そう)から無学祖元(むがくそげん)を招いて師事し、82年(弘安5)祖元を開山として鎌倉に円覚寺(えんがくじ)を創建した。[田辺久子]
『関靖著『史話北条時宗』(1943・朝日新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の北条時宗の言及

【伊豆国】より

…この間,北条義時は伊豆の武士を確実に統制し,以来北条得宗(とくそう)が伊豆国の守護となった。北条時宗はモンゴル襲来にあたり,三嶋明神に祈禱を求め,三薗(御園)の地頭職を廃して三島東大夫の私領としてこれを寄進している。北条氏滅亡直後,高時の遺児時行が信濃で挙兵(中先代の乱)すると伊豆の武士たちも時行に従った。…

【円覚寺】より

…山号は瑞鹿山。北条時宗が弘安の役直後の1281年(弘安4)に建て,翌年無学祖元を開山に迎えて開堂の法要を営んだ。中国の径山(きんざん)を模した左右対称の宋風の伽藍配置で,本尊は盧遮那仏。…

【二月騒動】より

…1272年(文永9)2月におこった北条一族の内紛。北条時頼の庶子時輔(ときすけ)は六波羅探題南方として京都にいたが,異母弟の時宗が得宗・執権となって幕府の権力の座についたことに不満をもち,謀反を企てた。これを察知した時宗は機先を制して,時輔の与党とみられた名越時章・教時兄弟を鎌倉で討ち,さらに六波羅探題北方の北条義宗に命じて時輔を討たせた。しかし事件後,時章は謀反計画に無関係であったことが判明し,その討伐は誤りであったとして討手は処刑され,時章の子公時は所領を安堵された。…

※「北条時宗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

北条時宗の関連キーワード名越光時北条重時北条長時北条実泰北条業時北条光時北条宗政結城朝広結城朝村隆弁

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北条時宗の関連情報