コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

向井元成 むかい げんせい

1件 の用語解説(向井元成の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

向井元成 むかい-げんせい

1656-1727 江戸時代前期-中期の儒者,俳人。
明暦2年10月15日生まれ。向井元升の3男。向井去来の弟。長崎奉行にまねかれて長崎聖堂の祭酒となり,書物改役もつとめた。本草学,算学にもくわしかった。句は「猿蓑(さるみの)」などにはいっている。享保(きょうほう)12年2月9日死去。72歳。肥前長崎出身。字(あざな)は叔明。通称は兼丸。号は魯町,鳳梧斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の向井元成の言及

【禁書】より

…輸入取締りのため同年長崎に春徳寺を建立し,開山泰室に目利(めきき)(検閲者)を命じた。しかし85年(貞享2)副目利長崎聖堂祭酒向井元成は,清船積荷検閲で《寰有詮》等を発見し,その功で正副目利の地位が逆転した。国内出版に対してもしばしば禁止を命じたが,実効が挙がらなかった。…

※「向井元成」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

向井元成の関連キーワード常行今村朴元賀古養節加藤泰觚木村順成霧波尾上佐野直行清水如水太兵衛松平康官

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone