コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

向井元升 むかいげんしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

向井元升
むかいげんしょう

[生]慶長14(1609).2.2. 肥前
[没]延宝5(1677).11.1. 京都
江戸時代前期の医師儒学者。初め名を玄松,晩年に元升と改めた。字は素柏,以順,号に観水子など。 20歳のときに開業,筑前 (福岡県) の黒田侯,続いて皇族の病気を治療して名声を揚げた。私塾輔仁堂を建て,堂内に孔子の聖廟をつくって,儒学を教えた。門人貝原益軒がいる。承応3 (1654) 年,明暦3 (57) 年の2回,幕府の命でオランダ人医師に西洋医術を質問し,『紅毛流外科秘要』 (7巻) にまとめて提出した。天文学本草学にも通じ,『乾坤弁説』『庖廚備用倭名本草』 (13巻) を著わした。後者は江戸時代最初の本草書である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

向井元升【むかいげんしょう】

江戸初期の儒医。元松とも記。肥前の人。号は霊蘭。5歳のとき父と長崎へ出,天文家林吉左衛門に学ぶ。22歳で医を志し独学で儒医の道をきわめ,本草も考究。1658年京に移住。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

向井元升 むかい-げんしょう

1609-1677 江戸時代前期の儒者,医師。
慶長14年2月2日生まれ。向井去来の父。長崎にすみ天文,本草学,医学をまなぶ。長崎に孔子廟(びょう)を創建し,私塾で儒学をおしえた。のち京都で医を開業。西洋天文書を翻訳し批評をくわえた「乾坤(けんこん)弁説」のほか,「庖厨(ほうちゅう)備用倭名本草」などの著作がある。延宝5年11月1日死去。69歳。肥前神埼郡(佐賀県)出身。字(あざな)は素栢。号は観水子,霊蘭。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むかいげんしょう【向井元升】

1609~1677) 江戸前期の医者。肥前の人。去来の父。名は元松、字あざなは以順・素柏。号は観水子・霊蘭。本草学の祖。和漢洋の医学を折衷したほか、南蛮天文学を批判し、「乾坤弁説」を著した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

向井元升
むかいげんしょう
(1609―1677)

江戸前期の医家、本草(ほんぞう)家。肥前国(佐賀県)神崎(かんざき)生まれ。幼名玄松。字(あざな)は以順、素柏。号は霊蘭。幼時、父と長崎に移住、天文・本草を学び、長じて漢方を独学、奥義を究め、霊蘭(れいらん)堂を開設し、名声はあがった。肥前平田侯からの侍医の招きを固辞。1654年(承応3)、通詞を介して長崎在留の蘭医ステビンより西洋医術の聞き書き『紅毛外科秘要』13巻をまとめた。また自然学概説書『乾坤(けんこん)弁説』を著した。1658年(万治1)京都に上り、朝廷の信任厚く良医の第一人と称され、貝原益軒ら門人も多数を数える。1671年(寛文11)の著『庖厨備用倭名(ほうちゅうびようわみょう)本草』13巻は加賀藩家老の依頼でまとめた藩主の食膳(しょくぜん)用の参考文献で、動植物食品400種を和名で記し、薬物の起源、名実の異同を論述した江戸期最初の本草書といわれる。没後刊行された。[根本曽代子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

向井元升 (むかいげんしょう)

生年月日:1609年2月2日
江戸時代前期の医師;儒者
1677年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

向井元升の関連キーワード日本の医学史(年表)フェレイラ向井元成向井元端生年月日向井千子嵐山甫安木村順成和漢洋西玄甫儒者去来

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android