コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

向井元升 むかいげんしょう

5件 の用語解説(向井元升の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

向井元升
むかいげんしょう

[生]慶長14(1609).2.2. 肥前
[没]延宝5(1677).11.1. 京都
江戸時代前期の医師,儒学者。初め名を玄松,晩年に元升と改めた。字は素柏,以順,号に観水子など。 20歳のときに開業,筑前 (福岡県) の黒田侯,続いて皇族の病気を治療して名声を揚げた。私塾輔仁堂を建て,堂内に孔子の聖廟をつくって,儒学を教えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

向井元升【むかいげんしょう】

江戸初期の儒医。元松とも記。肥前の人。号は霊蘭。5歳のとき父と長崎へ出,天文家林吉左衛門に学ぶ。22歳で医を志し独学で儒医の道をきわめ,本草も考究。1658年京に移住。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

向井元升 むかい-げんしょう

1609-1677 江戸時代前期の儒者,医師。
慶長14年2月2日生まれ。向井去来の父。長崎にすみ天文,本草学,医学をまなぶ。長崎に孔子廟(びょう)を創建し,私塾で儒学をおしえた。のち京都で医を開業。西洋天文書を翻訳し批評をくわえた「乾坤(けんこん)弁説」のほか,「庖厨(ほうちゅう)備用倭名本草」などの著作がある。延宝5年11月1日死去。69歳。肥前神埼郡(佐賀県)出身。字(あざな)は素栢。号は観水子,霊蘭。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

むかいげんしょう【向井元升】

1609~1677) 江戸前期の医者。肥前の人。去来の父。名は元松、字あざなは以順・素柏。号は観水子・霊蘭。本草学の祖。和漢洋の医学を折衷したほか、南蛮天文学を批判し、「乾坤弁説」を著した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

向井元升
むかいげんしょう
(1609―1677)

江戸前期の医家、本草(ほんぞう)家。肥前国(佐賀県)神崎(かんざき)生まれ。幼名玄松。字(あざな)は以順、素柏。号は霊蘭。幼時、父と長崎に移住、天文・本草を学び、長じて漢方を独学、奥義を究め、霊蘭(れいらん)堂を開設し、名声はあがった。肥前平田侯からの侍医の招きを固辞。1654年(承応3)、通詞を介して長崎在留の蘭医ステビンより西洋医術の聞き書き『紅毛外科秘要』13巻をまとめた。また自然学概説書『乾坤(けんこん)弁説』を著した。1658年(万治1)京都に上り、朝廷の信任厚く良医の第一人と称され、貝原益軒ら門人も多数を数える。1671年(寛文11)の著『庖厨備用倭名(ほうちゅうびようわみょう)本草』13巻は加賀藩家老の依頼でまとめた藩主の食膳(しょくぜん)用の参考文献で、動植物食品400種を和名で記し、薬物の起源、名実の異同を論述した江戸期最初の本草書といわれる。没後刊行された。[根本曽代子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

向井元升の関連キーワード飯田東渓飯室小櫃菊池元春佐久間義方周哲多湖岐陽中村信斎深尾訒亭本内意慎茂呂鼇岳

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone