コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

君島夜詩 きみしま よし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

君島夜詩 きみしま-よし

1903-1991 大正-昭和時代の歌人。
明治36年7月15日朝鮮漢城(現ソウル)生まれ。京城第一高女在学中に文芸誌「赤土」を創刊。小泉苳三(とうぞう)に師事し,大正11年「ポトナム」創刊にくわわる。昭和24年「女人短歌」創刊に参加。60年「生きの足跡」で日本歌人クラブ賞。平成3年12月12日死去。88歳。本名は遠山芳。歌集はほかに「韓草(からくさ)」「ポプラの木のもとに」など。
【格言など】タラツプをのぼりゆく時大き手がむづと身ぐるみ引き上げてくれぬ(「暗い川」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

君島夜詩の関連キーワード7月15日創刊

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android