小泉苳三(読み)こいずみ とうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小泉苳三 こいずみ-とうぞう

1894-1956 大正-昭和時代の歌人,国文学者。
明治27年4月4日生まれ。尾上柴舟(おのえ-さいしゅう)に師事し,「車前草」「水甕(みずがめ)」同人となる。大正11年「ポトナム」を創刊,主宰。立命館大,関西学院大などの教授をつとめ,近代短歌史の研究にも業績をのこした。昭和31年11月27日死去。62歳。神奈川県出身。東洋大卒。本名は藤造。歌集に「夕潮」「くさふぢ」,著作に「明治大正短歌資料大成」など。
【格言など】磯潮の朝の光にまむかひてつれ立ちくればよしきりの鳴く(「夕潮」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小泉苳三
こいずみとうぞう
(1894―1956)

歌人。本名藤造。横浜生まれ。東洋大学国文科卒業。文学博士。立命館大学、北京(ペキン)師範大学、関西(かんせい)学院大学教授。1913年(大正2)『車前草(しゃぜんそう)』、翌年『水甕(みずがめ)』同人となり、1922年『ポトナム』を創刊、主宰する。叙情性のある平明な歌風が特色。また、膨大な資料収集による近代短歌史研究に優れた業績を残した。歌集『夕潮』(1922)、『くさふじ』(1933)、『山西(さんせい)前線』(1940)、研究書に『明治大正短歌資料大成』全3巻(1940~42)、『近代短歌史・明治篇(へん)』(1955)などがある。
 秋あさき山にむかひてなげかへるわが眼(め)ににほふ桔梗(きちかう)の花[藤岡武雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android