コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吸出膏 すいだしこう

世界大百科事典 第2版の解説

すいだしこう【吸出膏】

別名〈たこの吸出し〉ともいい,古くから〈はれもの〉の治療に家庭薬として使用されている。油脂性軟膏で,化膿性皮膚疾患(癰(よう),疔(ちよう),よこね,その他のはれもの)に外部より刺激を与え,患部を口開し膿を排出して治癒させる。現在は皮膚の化膿性疾患そのものが少なくなってきたため,ほとんど用いられていない。成分は,植物油松脂,木蠟,パラフィン,白色ワセリン,硫酸銅ペルーバルサム,酢酸,サリチル酸など。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android